1.5セルフドリルスクリュー

簡単な説明:

応用

脳神経外科の修復と再建、頭蓋欠損の修復、中規模または大規模の頭蓋骨の再建の支援、骨プレートでネジを固定します。


製品の詳細

製品タグ

材料: 医療用チタン合金

製品仕様書

detail (2)

商品番号。

仕様

11.07.0115.004124

1.5 * 4mm

陽極酸化されていない

11.07.0115.005124

1.5 * 5mm

11.07.0115.006124

1.5 * 6mm

detail (1)

商品番号。

仕様

11.07.0115.004114

1.5 * 4mm

陽極酸化

11.07.0115.005114

1.5 * 5mm

11.07.0115.006114

1.5 * 6mm

特徴:

 最高の硬度と最適な柔軟性を実現するために輸入されたチタン合金

 スイスTONRNOSCNC自動切削旋盤

 独自の酸化プロセスにより、ネジの表面硬度と耐摩耗性が向上します

12

マッチング楽器:

クロスヘッドスクリュードライバー:SW0.5 * 2.8 * 75mm

ストレートクイックカップリングハンドル

超薄型プレートの面取りされたエッジと広いプレートプロファイルは、実質的に触知性を提供しません。よりカスタマイズされた長さで利用できます。

チタン合金ねじの利点:

1.高強度。チタンの密度は4.51g /cm³で、アルミニウムよりも高く、鋼、銅、ニッケルよりも低いですが、強度は他の金属よりもはるかに高くなっています。チタン合金製のネジは軽くて丈夫です。
2.優れた耐食性、多くの媒体でのチタンおよびチタン合金は非常に安定しており、チタン合金ネジはさまざまな腐食しやすい環境に適用できます。
3.優れた耐熱性と低温耐性。チタン合金ねじは、600°Cからマイナス250°Cまでの温度で機能し、変化することなく形状を維持できます。
4.非磁性、非毒性。チタンは非磁性金属であり、非常に高い磁場で磁化されません。非毒性であるだけでなく、人体との良好な適合性があります。
5.強力な防振性能。チタンは、鋼や銅に比べ、機械的振動や電気的振動後の振動減衰時間が最も長い。この性能は、音叉、医療用超音波グラインダーの振動部品、高度なオーディオスピーカーの振動フィルムとして使用できます。 。

素早いねじの始動と低い挿入トルクのためのねじ設計。マストイドメッシュと側頭メッシュ、シャント用の穿頭孔カバーなど、プレートとメッシュの幅広い選択肢。

ネジがきつく締まるほど良いですか?

ねじは、骨折部位を圧迫し、プレートを骨に固定し、骨を内部または外部の固定フレームに固定するために整形外科で一般的に使用されます。ねじを骨に押し込むために加えられる圧力は、外科医。

ただし、トルク力が大きくなると、ネジは最大トルク力(Tmax)になり、その時点でネジの骨への保持力が低下し、少し引き出されます。引き抜き力(POS)は張力です。ネジをねじって骨から外します。ねじの保持力を測定するパラメータとしてよく使用されますが、現在のところ、最大トルクと引き抜き力の関係は不明です。

臨床的には、整形外科医は通常、約86%Tmaxでネジを挿入しますが、Cleek etal。羊の脛骨に70%Tmaxのネジを挿入すると、最大のPOSを達成できることがわかりました。これは、過度のねじり力が臨床的に使用され、固定の安定性が低下する可能性があることを示しています。

タンカードらによる人間の死体における上腕骨の最近の研究。最大POSが50%Tmaxで得られたことがわかりました。上記の結果の違いの主な理由は、使用した試験片と異なる測定基準の不一致である可能性があります。

したがって、カイルM.ローズ等。米国からは、人間の死体の脛骨に挿入されたネジによって異なるTmaxとPOSの関係を測定し、TmaxとBMDと皮質骨の厚さの関係も分析しました。この論文は最近、Techniques inOrthopaedicsに掲載されました。最大および同様のPOSは、スクリュートルクで70%および90%Tmaxで取得でき、90%TmaxスクリュートルクのPOSは100%TmaxのPOSよりも大幅に大きくなります。脛骨群間でBMDと皮質の厚さに差はなく、Tmaxと上記の2つの間に相関関係はありませんでした。したがって、臨床診療では、外科医は最大のねじり力ではなく、わずかなトルクでネジを締める必要があります。 Tmax未満。70%と90%Tmaxで同様のPOSを実現できますが、ネジを締めすぎることにはいくつかの利点がありますが、トルクが90%を超えてはなりません。超えない場合、固定効果が影響を受けます。

出典:外科用ネジの挿入トルクと引き抜き強度の関係。整形外科の技術:2016年6月-第31巻-第2号-p 137–139。


  • 前:
  • 次: